キャッシング 借入れ 方法

キャッシング借入れ方法の契約までの流れ

初めてキャッシングを利用する方にとって、どの消費者金融を選べば良いのかや具体的な手続きの方法などを事前に知っておくことは非常に大切です。何も知らずに適当な選び方をしてしまったり、申し込みに関する注意点などを知らないと大きな損失を被る可能性がありますので、最低限で構わないので知識として知っておいた方が良いのは間違いありません。

 

では、キャッシングを利用する際の流れに関して紹介します。概ねどこの消費者金融を利用する際にも共通する内容ですので、知っておくと実際に申し込みをする際の不安解消に役立ちます。

 

キャッシングを利用する為には、利用を希望する消費者金融に対して「申し込み」を行う必要があります。申し込みの方法はWEB申し込み・電話・店舗などいくつかの方法がありますが、それぞれにメリットやデメリットが存在しています。例えば、WEB申し込みや電話で申し込む場合には「人に会うことなく申し込みができる」と言うメリットがあります。更に、WEB申し込みの場合は時間や場所を気にせずに申込みを行うことができます。消費者金融の中には、WEB上で手続きをすべて完了させることが出来るところもあり非常に便利ですが、多くの場合は申し込みこそWEB上で行えてもその後のやり取りは電話などの方法を取ることになります。その為、最初から電話で申込みを行うと時間と手間を省くことができます。
店舗を利用して申込みを行う場合には入店を誰かに見られる可能性がありますが、最も短時間で手続きを完了することが出来るうえ、その場で確実に現金を手にすることができます。自身の希望や状況に合わせて最適な方法を選ぶようにしてください。

 

申し込みを行うと必要な情報を確認されます。そして、その情報を元に「審査」が行われます。審査の詳細な基準や内容に関しては各消費者金融ごとに違いがあり、結果も変わってきます。A社では審査を通過したが、B社ではだめだったと言うこともあり得ます。審査には年収・勤務先・勤続年数などの他、信用情報などが大きく影響します。キャッシングの利用は初めてでもクレジットカードの利用がある場合には信用情報が信用情報機関に登録されていますので、その情報が審査結果に影響を及ぼすことになります。

 

審査が終わり、無事に融資が決定すると「入金方法」を選択することになります。銀行振り込み・ATM出金・窓口などの方法がありますが、ほとんどの場合は銀行振り込みかATM出金を利用する事になります。ATMを利用して出金をする場合、24時間いつでも利用が可能ですがカードが必要になります。初めて利用する際、WEB申し込みや電話で申し込みを行った場合には、その場でカードが発行されない為に銀行振り込みを利用する場合が多いのですが、その場合は契約完了の時間によって現金を受け取るのが翌日以降になる可能性があります。銀行の営業時間を過ぎてしまうと、当日中に振込み処理が完了しない為、時間に余裕をもって申し込みを行う必要があります。店舗で申し込みをした場合はその場でカードが発行されますので、契約後すぐに利用することができます。WEB申し込みなどの場合でも、契約後に店舗でカードを発行することができますので時間的に余裕が無い場合などにはこの方法を利用するとすぐに現金を手にすることができます。

 

ここまでが大まかな流れになりますが、申し込み〜融資までの流れの中で特に注意するポイントは「申し込み時」です。自分が審査に通るか分からないと言う不安からいくつもの消費者金融に申し込みをしてしまうと、実際の結果によらず審査を通過できない状況になる可能性があります。この原因は「たくさん申し込みをした」という事です。短期間に複数の申込みをしてしまうと消費者金融側で悪い印象を持ち、詳細な審査をせずに断られてしまうようになります。この状態の事を「申し込みブラック」と呼びますが、そうならない為にも申込み時には極力少ない件数(出来れば1社に絞り込む)にすることが大切です。