シンクの水垢がクエン酸で落ちない?白くなった場合の対処法は?水垢と酸焼けの落とし方をご案内!

皆さんはシンクの汚れが気になったことはありますか?

手を洗う時や料理する時、洗い物をする時など毎日使っている人が多いことでしょう。

シンクの水垢が気になっていざ掃除をしようと思っても、こびりついてなかなか取れない時は困ってしまいますよね。

そこで今回は、シンクの水垢を効果的に落とす方法をご紹介していきます。

シンクの水垢がクエン酸で落ちないのは何故?

『シンクの水垢を落とすにはクエン酸が効果的!』というのを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

もちろん間違いではないです。

確かにクエン酸で水垢を落とすことはできます。

しかし、クエン酸だけで落ちないのには理由があります。

結論から言うと、石鹸カスや油などによる酸性の汚れも含まれているからです。

クエン酸で落ちない理由を解明するために、まずは水垢の原因と汚れの性質を理解していきましょう。

【水垢の原因】
水垢は水道水に含まれている炭酸カルシウムマグネシウムといったミネラル分が、水分の蒸発とともにシンクに残ることが主な原因です。

また、石鹸カスが付着して水道水のミネラル分と結合することで水垢になることも原因の一つです。
これらの水垢を放置し続けると余計落ちにくくなり、汚れを落とすのが困難になってしまいます。

【汚れの性質】
“水垢”とひとことで言っても水道水のミネラル分はアルカリ性の汚れ、石鹸カスは酸性の汚れです。

汚れを落とす基本は『中和させること』ですよね。

なのでアルカリ性の汚れにはクエン酸などの酸性の洗剤を、酸性の汚れには重曹などのアルカリ性の洗剤を使って落とすことが有効なのです。

このことから水垢には石鹸カスや油などの酸性の汚れも含まれているため、クエン酸だけでは落ちないことがあります。

酸性の汚れを落とすことができる重曹などアルカリ性の洗剤も上手に使っていくことが大事です。

クエン酸掃除で白くなった場合の対処法

シンクにクエン酸を使って掃除したのに、なぜか白っぽくなったことはありませんか?

「あれ、シンクの水垢にはクエン酸が良いって聞いた気がするけど・・・」

実は白くならない効果的な順番があったのです。

【白っぽくなる原因】
クエン酸で水垢を掃除したのに白っぽくなった原因はズバリ『油』です。

シンクには水道水のミネラル分の他、調理した際に出る油分が混在しています。

そのため油汚れとクエン酸が化学反応を起こして、シンクが白っぽくなってしまう可能性があります。

クエン酸で掃除をする際は、重曹などで酸性の汚れを最初に落としてから使うことをおすすめします。

また、クエン酸スプレーを吹きかけてから長時間放置しすぎることも原因のひとつです。

頑固な汚れだからといって必要以上に放置すると、クエン酸の粉が白っぽく残ってしまうことがあります。

さらに、シンクが酸性の物と化学反応を起こし、変色してしまう『酸焼け』という現象も白くなる原因です。

酸焼けは酸性の洗剤を長期間使うことによって起こる可能性があるのです。

【白くなった時の対処法】
順番を間違えたり、放置しすぎて白くなった時は重曹がおすすめです。

重曹には酸性の汚れを中和する効果があり研磨作用もあります。

重曹スプレーでも良いですし、重曹ペーストにしたり粉のまま使っても問題ありません。

重曹を使ってスポンジなどでこすり、キレイに洗い流せば白っぽさはなくなります。

酸焼けの場合はセスキ炭酸ソーダ人工ダイヤモンドが入っているスポンジを使って落とすことができます。

シンクの水垢の落とし方と洗剤のおすすめ

シンクの水垢の正体がわかってきたら、今度は水垢の落とし方とおすすめの洗剤をご紹介します。

【水垢の落とし方】
1.重曹スプレーを作る
40℃ぐらいのぬるま湯100mlに対して小さじ1杯の重曹を溶かし重曹スプレーを作ります。

2.シンク全体に吹きかけ30分程放置
油汚れが酷い場合はキッチンペーパーに染み込ませて放置するのもGood!

3.スポンジでこすり洗いをする
スポンジでこすりキレイに洗い流しましょう。

4.今度はクエン酸スプレーを吹きかけます。
40℃ぐらいのぬるま湯100mlに対して小さじ½杯のクエン酸を溶かしたクエン酸スプレーを全体に吹きかけます。

5.30分程度放置してこすり洗いをする
重曹の時と同様、こちらも30分ほど放置した後、こすり洗いをすれば完了です。

普段から小まめに掃除している方は、クエン酸スプレーの工程だけでも効果的です。

しかし、なかなかシンク掃除をする機会のない方は、汚れが蓄積して石灰化している可能性があります。

そういう人はまず重曹で酸性の汚れを落としてから、クエン酸でアルカリ性の水垢を落とすことが重要です。

【おすすめの洗剤】
■ 重曹・・・油汚れや石鹸カスなど酸性の汚れを落とすのに効果的です。

■ クエン酸・・・水道水のミネラル分などアルカリ性の汚れを落とすのに効果的です。

■ セスキ炭酸ソーダ・・・重曹より少しアルカリ性が高いので洗浄力が高いのが特徴です。

■ 中性洗剤・・・普段洗い物で使っている中性洗剤も油汚れを落としてくれるので、最初に予洗いする時に便利です。

■ メラミンスポンジ・・・なかなか落ちない頑固な汚れにはメラミンスポンジでこすると大抵取れます。

100円ショップやドラッグストアには掃除場所ごとに特化したアイテムが多く販売されています。

汚れの成分を見極め、汚れに合った洗剤を使い分けていきましょう。

酸焼けの原因と落とし方

シンクの掃除をしていてこすっても白っぽさがなかなか落ちないことがありますよね。

それは酸焼けしている可能性があります。

酸焼けとは何か?
それはシンクが酸性の物と化学反応を起こし、変色してしまうことです。

酸焼けしてしまう原因は主に酸性の洗剤です。

弱酸性の食器用洗剤を長期間使うことによって酸焼けが起きてしまうのです。

もし酸焼けしてしまったら?

もしも酸焼けしてしまったらまずはセスキ炭酸ソーダを使った掃除を試し、それでも落ちない場合は人工ダイヤモンドが入ったスポンジを使って落としましょう。

お掃除方法は重曹やクエン酸の時と同様に、セスキ炭酸ソーダスプレーを吹きかけ放置し、こすり洗いをするというものです。

まとめ

シンクには油汚れや水垢・石鹸カスなどさまざまな汚れが混在していることがわかりましたね。

油汚れや石鹸カスには重曹を、水垢汚れにはクエン酸を、酸焼けにはセスキ炭酸ソーダが効果的です。

それぞれ汚れの特性に合った洗剤を使ってキレイにしていきましょう。

そしてなにより、普段から小まめに掃除することが苦労しないで済む方法です。

普段から小まめに掃除し最後吹き上げまでするのが理想的ですが、時間のない方は毎日メラミンスポンジでこすり洗いするだけでも水垢の蓄積を予防することができます。

シンクは食材を扱う場所なので食中毒にならないためにも清潔を心がけましょう。

『水回りを掃除すると運気が上がる』と言われているので、常にキレイにしておきたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました